「通って、泊まれて、家にもきてくれる」「住み慣れた家で24時間365日の安心」「臨機応変な対応、自立支援、医療の安心」特定非営利活動法人 地域の絆

Googleサイト内検索
NPO法人 地域の絆

NPO法人 地域の絆

Better Caer第79号 2018年4月30日発行

 地域福祉センター仁伍 田中三千代主任の記事が、3ページにわたりBetter Caerに掲載されました。
 田中主任は、母の介護に小規模多機能型居宅介護事業所を利用しながら、自身も介護の現場で働いています。
 今回、1年4か月ぶりにお墓参りに行った様子も紹介されています。





医療・介護・福祉の地域ネットワークづくり事例集 2018年4月25日発行

 第5章/認知症の人とともに暮らす地域支援 P.181〜P.186に、中島代表理事のインタビュー記事が掲載されました。
 法人理念や、各地域福祉センターが持つ機能、地域交流事業、実践などについて、詳しく掲載されています。







読売新聞 2018年4月23日発行

 地域福祉センター向永谷にて行われた、「小さな親切」運動福山支部による種まきの様子が、読売新聞に掲載されました。
 ミニヒマワリやコスモスの種を、センター職員、ご利用者、地域住民とで植えました。
 昨年に続き2回目となる種まきを、今後も続けていきたいと思います。


 

中国新聞 2018年4月7日発行

 中国新聞『大長寿時代の心配事』コーナーに掲載された遠距離介護のお悩みについて、当法人中島代表理事がお答えした内容が掲載されました。
 中島代表理事は、独居の認知症高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるためには、家族と協力して見守ってくれるよう地域に呼びかけ、また、事業所も地域との関係づくりをしていき、『ご近所の見守り力』を味方にして無理なく在宅生活をサポートしていけるよう専門職の目線でアドバイスをいたしました。

中国新聞 2018年3月28日発行

 4月1日にオープン予定のサービス付き高齢者向け住宅『すまいる仁伍』が中国新聞に掲載されました。
 1人部屋48室を設け、訪問看護・介護サービスなどを行うほか、医療機関とも連携して認知症が進んだ方や終末期を迎えた方のケアや医療など、重度の介護にも対応します。
 また、和食店『板前割烹 なかくし』に委託したレストラン『恂喰 倭樂』も併設します。
レストランや地域交流スペースは、入居者や家族はもちろん一般の方も利用していただけます。
 3月29日(木)、30日(金)に見学会を予定しておりますので、是非とも足を運んでいただければと思います。

ぐらんふぁーま4月号 2018年3月20日発行

 4月1日にオープン予定のサービス付き高齢者向け住宅『すまいる仁伍』がぐらんふぁーま4月号に掲載されました。
 3月29日(木)、30日(金)いずれも9:00〜17:00に、見学会を行います。
 施設内をご覧いただきながら、法人の活動目的や実践の成果などを紹介させていただきます。皆様のご来場を、是非ともお待ちしております。



びんご経済レポート 2018年3月10日(土)発行

 4月1日にオープン予定のサービス付き高齢者向け住宅『すまいる仁伍』がびんご経済レポートに掲載されました。
 高齢者が安心して暮らせるように、医療や介護、見守りサービスなどを、必要に応じてご利用いただけます。
 また、無料で社会福祉全般に関する相談ができる『福祉よろず相談室』や、1階に併設しているレストランなどがあり、一般の方も、是非お気軽にご利用いただければと思います。
 

読売新聞 2018年3月11日(日)発行

 4月1日にオープン予定のサービス付き高齢者向け住宅『すまいる仁伍』が読売新聞に掲載されました。
 1人部屋48室を設け、訪問看護・介護サービスなどを行うほか、医療機関とも連携して認知症が進んだ方や終末期を迎えた方のケアや医療など、重度の介護にも対応します。
 また、和食店『なかくし』に委託したレストランも併設します。入居者や家族はもちろん一般の方も利用していただけます。地域住民と交流できるスペースもあり、是非一度、足を運んでいただければと思います。



ビジネス情報 2018年2月10日発行

「すまいる仁伍」オープン レストラン併設し出会いの場に
 1階には「板前割烹なかくし」の中串幸彦代表が全面的にプロデュースする和食レストランを併設。入居者だけでなく、一般の方も食事や酒席に利用できます。
 入居定員48名のサ高住に入居者向けの厨房、事務室を設け、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所としても運営いたします。
和食レストランの利用者や、サ高住の入居者用の食堂兼談話室を地域の催しなどに積極的に開放し、さまざまな人との出会いの場を目指します。

経済リポート1616号 2018年2月1日発行

「自由で個性活かせるサ高住新設」
 4月開設予定のすまいる仁伍が、経済リポートで紹介されました。
3月の下旬には内覧会を予定しており、居室や、一般にも開放予定のレストランなどを見学していただけます。
日本料理なかくし監修の元、「食を通じての出会いの場」をコンセプトに、地域の方々に幅広くご利用いただければと思います。このほかにも、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所、状況把握サービス、生活相談サービスがあり、「住み慣れた地域で末永く本人らしい生活が送れるよう、臨機応変な支援を行う」という当法人の運営方針に沿った支援を行います。

毎日新聞 2018年1月24日発行

「元先生『学び舎』帰る」

 地域福祉センター仁伍のご利用者で、元教師の方の望みだった赴任先への訪問を実現することができました。
本人の思いを知り、職員の田中三千代介護福祉士から学校関係者へ声をかけ、かつて勤めていた学校の立志式に出席させていただきました。
そこには先生の表情に戻ったご利用者の姿がありました。


ぐらんふぁーま12月号 2017年11月20日発行

 『第47回 教えて楽チン体操』のコーナーに、地域福祉センター仁伍の田中三千代主任が講師として掲載されました。
遊びを取り入れた運動で、楽しみながら脳の活性化を促します。体にマヒのある方は動かせるところを、痛くない程度に楽しみながら体を動かしましょう。





中国新聞 2017年10月18日発行

「出逢い直し」仕掛けよう 〜地域を変える方法〜

 代表理事、中島康晴が、中国新聞のインタビューに応え、その内容が大きく掲載されました。
 著書「地域包括ケアから社会変革への道程(理論編、実践編)」の内容をもとに、社会から排除の対象にされてしまう人びとを地域で支え、尊厳のある暮らしを守るためのまちづくりをテーマにお話させていただきました。
 当法人の取り組みも具体例として紹介し、どうすれば、みんなが排除されない『多様な人を包み込む地域』にしていけるのかについて、熱い想いを語りました。

中国新聞 2017年10月1日発行

「地域包括ケア 在り方論じる」

 住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けるための地域包括ケアの在り方を論じています。ケアの担い手となる社会福祉士(ソーシャルワーカー)の役割を、「地域包括ケアから社会変革への道程」理論編と実践編の2冊につづりました。当法人での事例などを紹介し、現場で何から始めればよいか、多くのヒントが読み取れる内容となっています。

ビジネス情報 2017年7月20日発行

「地域福祉センター仁伍 一日限定で食堂を開店 利用者に活躍の場を提供」

 地域福祉センター仁伍のご利用者が経営していた食堂(福山市城見町 大衆食堂すえひろ)を1日限定で復活開店いたしました。
地域福祉センター仁伍の取り組みや、当日の様子などが掲載されております。

ビジネス情報 2017年7月10日発行

「認知症になった人にも暮らす場所選ぶ自由を」

 当法人の職員の思いや、ご利用者の暮らしを支えていくことなどが掲載されています。

中国新聞 2017年6月30日発行

「福山市の福祉・介護職PR『福男』『福女』に13人」 

 当法人の職員が福山市の福祉・介護PR「福男」「福女」の「福女」に選ばれました。委託式の写真で当法人の職員、藤井忍さんが掲載されております。

フジテレビ「とくダネ!」出演 2017年4月26日 放送

 フジテレビ 2017年4月26日 8:00-9:50生放送
 朝の情報番組としておなじみの「とくダネ!」に、当法人の代表理事 中島康晴のコメントが取り上げられました。
 認認介護について、当法人のご利用者の事例と共に、代表理事 中島康晴がコメントをしております。

BSスカパー「ニュースザップ」出演 2017年4月18日 放送

 BSスカパー!(241ch)2017年4月18日 17:55-20:00生放送
 海外・国内ニュースをリアルタイムでお届けする番組「ニューズザップ」に当法人の代表理事 中島康晴が生出演しました。
 2017年6月に発売される著書の解説や、ソーシャルワークについて触れています。

ビジネス情報 2017年4月1日発行

「多様なサービス提供し利用者目線の介護追求」

 当法人の職員の思いや、センターの取り組みなどについて取り上げられています。

ビジネス情報 2017年3月20日発行

「福山北ロータリークラブ 地域福祉の現場で例会 施設利用者の声に学ぶ」
 当法人の職員とご利用者が、ロータリークラブ例会にて演説をおこなった様子が取り上げられています。ご利用者の思い、法人が掲げる理念などが掲載されました。

毎日新聞 2017年3月18日発行

「『在宅』ケアで支えたい」
 当法人の職員へのインタビューや、小規模多機能型居宅介護に対する思いなどが掲載されております。
※2017年3月16日〜18日の期間で連続掲載される第3回目となります。

毎日新聞 2017年3月17日発行

「感謝の言葉に『やりがい』」
 地域の絆の理念に沿った実践が、ご利用者支援として成果を上げたことについて触れられています。
※2017年3月16日〜18日の期間で連続掲載される第2回目となります。

毎日新聞 2017年3月16日発行

「自由に1人で過ごしたい」
 当法人の地域福祉センター仁伍の取り組みと、ご利用者へのインタビューが掲載されています。
※2017年3月16日〜18日の期間で連続掲載される第1回目となります。

中国新聞 2016年12月25日発行

「介護事業所で餅つき」
 当法人の取り組み、地域の方とご利用者と協働で行う地域交流事業について紹介されています。

経済リポート 2016年12月10日発行

「最期まで本人らしい生活を支援」 

 当法人の理念と地域交流事業などの実践が紹介されています。

BSスカパー「ニュースザップ」出演 2016年9月21日 放送

 BSスカパー!(241ch)2016年9月21日 17:55-20:00生放送
 海外・国内ニュースをリアルタイムでお届けする番組「ニューズザップ」に当法人の代表理事中島康晴が生出演しました。
 地域の絆の活動について触れています。

毎日新聞 2016年10月17日発行

「一人きりではないからね」 福山 末期がんの女性を励ます

 当法人の地域福祉センター仁伍職員によるご利用者への支援内容が掲載されています。
 闘病中のご利用者を励まし、ご子息と再会できる手掛かりを得るための活動です。
 ご利用者を主体にした実践を通して、社会にメッセージを送ります。

NHK広島放送局 「おはようひろしま」 2016年6月16日 7:45放送

 地域の絆の理念を実践しようとした事が取り上げられています。
 「人に恩返ししたい」というご本人の想いと役割を、ご本人の
ストレングスによって果たす。地域の絆は、ご本人の役割創出を
支援します。

広島 NEWS WEB

「障害のある女性が被災地支援へ」
 ご本人の想いと役割を創出する実践が取り上げられています。

朝日新聞 2016年6月16日発行

「熊本地震 視力障害の女性が支援 マッサージ届けたい」

産経新聞 2016年6月16日発行

「熊本地震被災者に善意の手」

山陽新聞 2016年6月16日発行

「被災者を施術で楽に」
 当法人の理念を象徴した行動がマスコミに取り上げられています。
 ご利用者主体で、ご利用者の役割と想いをご本人のストレングスにより創出する実践です。

中国新聞 2016年6月8日発行

「被災者に善意のマッサージ」
 当法人の理念を象徴した行動がマスコミに取り上げられています。
 ご利用者主体で、ご利用者の役割と想いを創出する実践です。

中国新聞 2015年12月28日発行

「お餅ペタン 笑顔で交流」
 地域福祉センター向永谷で開催された、もちつき大会のことが取り上げられました。もちつきの様子や地域の方、ご利用者の方の声が掲載されております。

高齢者住宅新聞 2015年9月9日発行

2015年10月1日「すまいる川内」のオープンについて掲載されています。

中国新聞 2015年8月31日発行

地域福祉センター北吉津をご利用中の方が、ご主人と共に営まれていたお店(福山市西桜町の小料理屋「京平」)が、1日限り復活開店しました。センター職員も復活開店に向けての支援をさせていただき、また、多くの方のご協力もいただけたことで、実現いたしました。この模様が8/31付の中国新聞で取り上げられました。

介護応援隊 第3号 2015年5月発行 

「リーダーズ・ボイス」
 介護甲子園主催の社団法人日本介護協会が出版する「介護応援隊」にて。
 当法人の中島代表理事が運営理念や福祉の在り方などについてインタビューを受けました。

中国新聞 2014年9月24日

 「地域の絆作り 市民ら考える 東城で集い」
 当法人の中島代表理事がこの集いにて行った講演「地域の絆の壊れ方と作り方」について掲載されています。

社会新報 2014年9月24日

「行き場のない特養待機者52万人 急増お泊り『デイ』」
 このことについて、当法人の代表理事中島康晴が述べたコメントが掲載されています。

三原テレビ放送 2014年7月25日

 地域福祉センター宮浦西の夏祭りの様子が放映されました。
 地域の方々、ボランティアの方々の協力で成り立つ企画についても紹介されています。

 M・CAT三原テレビ ニュースウェーブ三原 
 7月25日(金)18:00〜

朝日新聞デジタル 2014年2月16日

朝日新聞デジタル>社会>医療・健康・福祉(アピタル)>広島 のページで紹介されました。
「無理解が背景、実状知って 菓子博の電動車いす入場制限」
当法人の中島代表理事がシンポジウム「ひろしま菓子博2013から学んだこと」で議論したことが掲載されています。

中国新聞 2014年2月16日

「高齢者 地域で支えよう 福山 公開講座に市民110人」
 当法人の地域福祉センター向永谷 管理者 追坂葉子さんが登壇し。地域福祉の在り方について法人の活動を述べたことなどについて掲載されています。

中国新聞 2014年2月2日

「電動車いす規制 菓子博事例受け 障害者差別議論」
 当法人の中島代表理事が全国菓子博覧会集会にて提起したことについて掲載されています。

山陽新聞 2013年5月8日

 地域福祉センター仁伍とコミュニティホーム仁伍の地域交流行事
「鯉まつり」を紹介いただきました。
 つくし保育園の園児たちと利用者の方とのコラボあり、よさこいボランティアの華麗な踊りありで大勢で賑わせてくださいました。
 空高く泳ぐ鯉のぼりも、私たちの交流を嬉しく眺めているようでした。

産経ニュース 2013年4月12日

産経ニュース(webサイト)>地方 > 中国・四国 のページで紹介いただきました。

えきやDarne 第39号 2012年7月26日

レディオびんご「宮沢洋一のハッピーステージ」2011年5月2日放送分


2011年5月2日(放送第2回目)
■福祉の視点からのまちづくり〜地域との連携の大切さ
■福祉の仕事に対する思い〜福祉の仕事はすばらしい

レディオびんご「宮沢洋一のハッピーステージ」2011年4月25日放送分 その2


2011年4月25日(放送第1回目その2)
■広島県社会福祉士会 会長としての思い〜ネットワークの大切さ
■福山での福祉事業展開について〜「地域の絆」命名に込めた思い

レディオびんご「宮沢洋一のハッピーステージ」2011年4月25日放送分 その1


レディオびんご「宮沢洋一のハッピーステージ」
2011年4月25日(放送第1回目その1)
■「地域の絆」事業紹介〜木之庄(仁伍)の町について
■認知症の周辺症状へのアプローチ

2011年6月3日広島ホームテレビ「Jステーション」

「地域の絆」の取り組みが、番組内で紹介されました。 ⇒「Jステーション」ホームページへ


高齢者住宅新聞 2010年12月15日

中国新聞 2010年8月29日

中国新聞 2009年3月20日

毎日新聞 2009年3月19日

朝日新聞 2009年3月17日

中国新聞 2008年4月10日

中国新聞 2007年12月6日

読売新聞 2007年11月15日

中国新聞 2007年3月6日

産経新聞 2007年3月6日

開設

中国新聞 2006年11月14日

毎日新聞 2006年11月4日

産経新聞 2006年11月1日

産経新聞2006年11月1日
産経新聞2006年11月1日
当サイトで使用されている全ての画像および文章を無断で複製・転載・販売することを堅く禁じます。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 特定非営利活動法人 地域の絆 All Rights Reserved.