「通って、泊まれて、家にもきてくれる」「住み慣れた家で24時間365日の安心」「臨機応変な対応、自立支援、医療の安心」特定非営利活動法人 地域の絆

Googleサイト内検索
NPO法人 地域の絆

NPO法人 地域の絆

地域への思い

 利用者の住み慣れた家や地域にこそ、こだわりを持ちたい。高齢者住宅施策が重要視される昨今、高齢者向け優良賃貸住宅や高齢者専用賃貸住宅などに利用者が移り住まれ、そこに、併設の介護保険サービス(通所介護・訪問介護・小規模多機能型居宅介護など)が提供されているケースが増えています。
 これは、運営費の出所が異なるだけで、施設ケアと大きく相違ない形態ではないかと私は考えます。住み慣れた家と地域で、利用者が住み続けることに対して、下記の効果があると私は信じています。

〕用者が住み慣れた環境の中で、暮らし続けることができる。
⇒用者の支援を専門職だけではなく、地域住民・商店・企業・学校等の総力戦で実践する必要性が生じる。
C楼茲涼罎諒〇祺歛蠅地域住民に明確化される。
だ験莢歛蠅鯤えている他者を、自分のこととして考えて行動する契機になる。
ッ楼莉嗣韻領呂撚魴茲靴覆ぬ簑蠅髻∋堋村及び都道府県、国レベルの問題として捉える契機になり、結果として、政策への問題意識が向上する。
γもが自分らしく、安心して暮らせる地域づくり、延いては、日本全体の社会システムの構築に繋がる。

 地域から国を揺るがす仕事を一緒にしませんか!?

当サイトで使用されている全ての画像および文章を無断で複製・転載・販売することを堅く禁じます。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 特定非営利活動法人 地域の絆 All Rights Reserved.